CRITEO タグ仕様書 トラベル

CRITEOのテクノロジー概要

  • CRITEOは独自の技術を用いています。
  • 約300人のR&Dエンジニアが製品の改善と向上に取り組み続けています。
  • 世界中の4000以上の掲載媒体、および主要なプレミアムネットアークと接続されています。
  • リアルタイムに商品のレコメンデーションを最適化して、適切な広告を、適切な人に、適切なタイミングで配信します。

CRITEOをご利用いただくには次の準備が必要です:

  • 以下Criteoタグをサイトへの実装してください。
  • 御社のサイトに掲載している商品の情報を、カタログフィードと呼ばれるCSVまたはXML形式のファイルでご準備頂きます。

CRITEO タグのコンセプト

CRITEOタグの構成 - 次の2つのパートから構成されています:

  1. ローダー(すべてのトラッカーが共通で利用するJavaScriptのライブラリ)
  2. トラッカー(ページのタイプに応じて固有のパラメータを呼び出すJavaScript)
  • 使用されるトラッカーは配置するコンテンツの内容に応じて異なります。
  • CRITEO タグを実装することで、サイトのレイアウトが変更されたり、閲覧者に表示されることはありません。
  • CRITEOタグは非同期にロードされるので、ページのロードが遅くなるなどの影響を与えることはありません。
  • CRITEOタグはお客様のサイトのヘッダー部分に実装してください。

ローダーファイル

ローダーファイルとは

  • ローダーはJavaScriptのライブラリです。
  • CRITEOトラッカーで呼び出しを行うすべてのページでロードできるように宣言する必要があります。
  • ローダーはCRITEOサーバの呼び出しと、トラッカーで取得した情報をCRITEOサーバに送信する役割を担っています。

ローダーファイルの実装方法

ローダーファイルは下記のURLを利用します:
//static.criteo.net/js/ld/ld.js

※//static.criteo.net/js/ld/ld.jsのURLを利用することにより  
ブラウザの「https」と「http」の判別によって以下に変換されます。  
httpsページ:https://static.criteo.net/js/ld/ld.js  
httpページ: http://static.criteo.net/js/ld/ld.js

ローダーファイルの呼び出しサンプル:

<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>

トラッカー概要

  • トラッカーは、サイトの利用者が商品ページを見たり購入を行うなど、発生したイベントを収集します。収集された情報を元に、レコメンデーション情報を生成してパーソナライズされた最適なCRITEOバナーを表示します。
  • トラッカーの実装は簡単で、動作も速く、サイト利用者の目に触れることはありません。レコメンデーションの品質はトラッカーの実装状態によって左右されます。お渡しした全種類のタグを適切なページへ実装することと、各タグ内の全パラメータを正確に代入いただくことを推奨しています。

トラッカーのタイプとそれぞれの役割

  • トップページトラッカー : ユーザーがトップページを訪問したことを計測します。
  • 航空券 /ツアー詳細トラッカー : ユーザーが閲覧した商品IDを計測します。
  • 一覧ページトラッカー : 検索結果またはカテゴリページや一覧ページに表示された複数の商品IDを計測します。
  • 予約開始トラッカー : ユーザが予約開始ページを閲覧したことを計測します。
  • コンバージョントラッカー : 購入された商品ID、商品単価、購入個数を計測します。

タグで収集される情報(チェックイン/チェックアウト、予約人数/予約部屋数)

チェックイン/チェックアウト:サイトでユーザーが検索した出発日時 / 到着日時情報を取得します。

  • checkin_date : "YYYY-MM-DD" チェックイン日付/往路出発日
  • checkout_date : "YYYY-MM-DD" チェックアウト日付/復路出発日

予約人数(大人・子供)/予約部屋数:サイトでユーザーが検索した予約情報を取得します。

  • nbra : "1" 例えば大人1人を検索した場合。値のフォーマットはinteger型
  • nbrc : "2" 例えば子供2人を検索した場合。値のフォーマットはinteger型
  • nbrr : "1" 例えば部屋数1室を検索した場合。値のフォーマットはinteger型

トップページトラッカー

  • トップページトラッカーはウェブサイトのトップページに実装してください。
  • “setEmail” と “SiteType” パラメータも代入してください。
    ( “SiteType” は必須です)
<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
        { event: "setAccount", account: {{accountid}} },
        { event: "setSiteType", type: "m" モバイル"t" タブレット"d" 初期値、PC向け"  },
        {event: "setEmail", email: "ハッシュ化されたemail"},
        { event: "viewHome" }
);
</script>

一覧ページトラッカー

  • 一覧ページトラッカーは、商品のカテゴリページや検索結果の一覧ページに実装してください。
  • ページに表示される商品一覧のうち、上位3つの商品IDをセットして下さい(トラッカーの“商品ID1”を置き換えてください)。商品IDはカタログフィードの商品IDと一致している必要があります。
  • “setEmail” と “SiteType” パラメータも代入してください。
    ( “SiteType” は必須です)
  • チェックイン日付、 チェックアウト日付に、ユーザーが検索した出発日時 / 到着日時を入れる必要があります。(YYYY-MM-DD の部分を置き換えて下さい)。使用しない場合はタグから削除してください。
  • 大人人数、 子供人数、 部屋数に、ユーザーが検索した予約情報を入れる必要があります。(値のフォーマットはinteger型になります)。使用しない場合はタグから削除してください。
<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
        { event: "setAccount", account: {{accountid}} },
        { event: "setSiteType", type: "m" モバイル"t" タブレット"d" 初期値、PC向け"  },
        {event: "setEmail", email: "ハッシュ化されたemail"},
        { event: "viewList", item: ["商品ID1", "商品ID2", "商品ID3"]}
        { event: "viewSearch", checkin_date: "YYYY-MM-DD", checkout_date: "YYYY-MM-DD", nbra: "大人人数", nbrc: "子供人数", nbrr: "部屋数" }
    );
</script>

航空券/ツアー詳細トラッカー

  • 航空券/ツアー詳細トラッカーはお客様のサイトの全ての商品詳細ページに実装してください。
  • すべての商品には一意の商品IDを持ち、航空券 /ツアー詳細トラッカーで取得するよう実装してください。商品IDはカタログフィードの商品IDと一致している必要があります。
  • “setEmail” と “SiteType” パラメータも代入してください。
    ( “SiteType” は必須です)
  • チェックイン日付、 チェックアウト日付に、ユーザーが検索した出発日時 / 到着日時を入れる必要があります。(YYYY-MM-DD の部分を置き換えて下さい)。使用しない場合はタグから削除してください。
  • 大人人数、 子供人数、 部屋数に、ユーザーが検索した予約情報を入れる必要があります。(値のフォーマットはinteger型になります)。使用しない場合はタグから削除してください。
<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
        { event: "setAccount", account: {{accountid}} },
        { event: "setSiteType", type: "m" モバイル"t" タブレット"d" 初期値、PC向け"  },
        {event: "setEmail", email: "ハッシュ化されたemail"},
        { event: "viewItem", item: "商品ID" }
        { event: "viewSearch", checkin_date: "YYYY-MM-DD", checkout_date: "YYYY-MM-DD", nbra: "大人人数", nbrc: "子供人数", nbrr: "部屋数" }
        );
</script>

予約開始・申し込み開始トラッカー

  • 予約開始/申込み開始トラッカーはサイトの予約開始カゴページに実装してください。
  • 予約開始/申込み開始トラッカーには、カートに追加された商品のID、単価、個数を含める必要があります(トラッカーの“商品ID”, “単価”,“注文数”を置き換えてください)。商品IDはカタログフィードの商品IDと一致している必要があります。
  • “setEmail” と “SiteType” パラメータも代入してください。
    ( “SiteType” は必須です)
  • チェックイン日付、 チェックアウト日付に、ユーザーが検索した出発日時 / 到着日時を入れる必要があります。(YYYY-MM-DD の部分を置き換えて下さい)。使用しない場合はタグから削除してください。
  • 大人人数、 子供人数、 部屋数に、ユーザーが検索した予約情報を入れる必要があります。(値のフォーマットはinteger型になります)。使用しない場合はタグから削除してください。
  • カートに追加された商品別に全ての商品情報を取得してください。計測可能な商品数に上限はありません(一覧ページトラッカーでは上限3つですが、予約開始/申込み開始トラッカーではカートに入れた商品の数すべて情報を入れてください)

  • 商品の単価が動的に代入できない、または必要のない場合は、単価(price)の箇所には固定で’1’と代入し実装してください。

<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
    window.criteo_q = window.criteo_q || [];
    window.criteo_q.push(
            { event: "setAccount", account: {{accountid}} },
            { event: "setSiteType", type: "m" モバイル"t" タブレット"d" 初期値、PC向け"  },
            {event: "setEmail", email: "ハッシュ化されたemail"},
            { event: "viewSearch", checkin_date: "YYYY-MM-DD", checkout_date: "YYYY-MM-DD", nbra: "大人人数", nbrc: "子供人数", nbrr: "部屋数" },
            { event: "viewBasket", item: [
                { id: "商品ID1", price: 商品ID1の商品単価, quantity: 商品ID1の個数},
                { id: "商品ID2", price: 商品ID2の商品単価, quantity: 商品ID2の個数}
                ]}
            );
</script>

コンバージョントラッカー

  • コンバージョントラッカーは購入完了ページに実装してください。
  • このトラッカーには、購入ごとに一意のTransaction IDが必要です。(コード内の“Transaction ID”を置き換えてくださいー>詳しくはこちら)購入した商品の商品ID、単価、注文個数もタグに含める必要があります。(コード内の”商品ID”、”単価”、“個数”を置き換えてください。※申込みや資料請求など、商品の単価/個数が動的に代入できない場合は固定で’1’と代入し実装してください)
  • “setEmail” と “SiteType” パラメータも代入してください。
    ( “SiteType” は必須です)
  • チェックイン日付、 チェックアウト日付に、ユーザーが検索した出発日時 / 到着日時を入れる必要があります。(YYYY-MM-DD の部分を置き換えて下さい)。使用しない場合はタグから削除してください。
  • 大人人数、 子供人数、 部屋数に、ユーザーが検索した予約情報を入れる必要があります。(値のフォーマットはinteger型になります)。使用しない場合はタグから削除してください。
  • 購入された商品別に全ての商品情報を取得してください。計測可能な商品数に上限はありません。
  • 商品の単価が動的に代入できない、または必要のない場合は、単価(price)の箇所には固定で’1’と代入し実装してください。
<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
    window.criteo_q = window.criteo_q || [];
    window.criteo_q.push(
            { event: "setAccount", account: {{accountid}} },
            { event: "setSiteType", type: "m" モバイル"t" タブレット"d" 初期値、PC向け"  },
            {event: "setEmail", email: "ハッシュ化されたemail"},
            { event: "viewSearch", checkin_date: "YYYY-MM-DD", checkout_date: "YYYY-MM-DD", nbra: "大人人数", nbrc: "子供人数", nbrr: "部屋数" },
            { event: "trackTransaction", id:"注文ID", item: [
                { id: "商品ID1", price: 商品ID1の商品単価, quantity: 商品ID1の個数},
                { id: "商品ID2", price: 商品ID2の商品単価, quantity: 商品ID2の個数}
                ]}
            );
</script>

トラッカー補足 1 - Transaction ID

  • コンバージョンタグで取得するTransaction IDは、トランザクションごとに一意の値を取得する必要があります。
  • 通常は注文完了番号などのコンバージョンごとに生成される一意のIDをセットしていただきますが、一意のIDの取得が難しい場合は自動的にランダムな値をセットするようにして下さい。

Transaction IDのセット例

window.criteo_q.push( 
        { event: "setAccount", account: {{accountid}}},
        { event: "setEmail", email: "62db7b938de6eeea05b84942de3faba1" },
        { event: "setSiteType", type: "d" },
        { event: "viewSearch", checkin_date: "2017-12-22", checkout_date: "2017-12-27", nbra:2, nbrc:2 },
        { event: "trackTransaction" , id: "order1234", item: [ 
                { id: "flignt1", price: 1, quantity: 1 },
                { id: "flignt2", price: 1, quantity: 1 }
]});

ランダムIDの自動生成関数を使った例

window.criteo_q.push( 
        { event: "setAccount", account: {{accountid}}},
        { event: "setEmail", email: "62db7b938de6eeea05b84942de3faba1" },
        { event: "setSiteType", type: "d" },
        { event: "viewSearch", checkin_date: "2017-12-22", checkout_date: "2017-12-27", nbra:2, nbrc:2 },
        { event: "trackTransaction" , id: Math.floor(Math.random()*99999999999), item: [ 
                { id: "flignt1", price: 1, quantity: 1 },
                { id: "flignt2", price: 1, quantity: 1 }
]});

トラッカー補足 2 - よくある質問

質問1 emailは、全タグで代入する必要がありますか?
回答1 いいえ、ユーザのメールアドレスが取得できるページに実装されるタグで取得するように実装してください。
質問2 SiteType(site_type)には、ユーザの利用するデバイスを元に値を代入する必要がありますか?
回答2 いいえ、SiteTypeはデバイス判別ではなく、サイトの種類で適切な値を代入してください。
例えば、お客様のサイトにPC専用、スマートフォン専用のサイトの2つをお持ちの場合は、PCのサイトのページにはデフォルトの’d’、 スマートフォンのサイトのページにはモバイルの’m’を代入するように設定ください。
サイトのユーザがスマートフォンでPCサイトを閲覧した場合でも、SiteTypeは’d’と設定してください。
SiteTypeの値が代入されていない場合、デフォルト値は'd'となります。 この為、スマートフォンサイトにタグを実装する場合は、必ず'm'を設定したタグを実装する必要がございます。

トラッカー補足 3 - タグイベント一覧

変数名 変数値代入制限事項 代入例 注意事項 使用トラッカー
setEmail 半角英数のみ(スペース使用不可) 32312c1b6865d1adf04f79e2b731a49e
あるいは
john.smith@company.com
MD5でハッシュ化された小文字、UTF-8のemailあるいは平文email両方対応しています。
いずれの場合もスペースが無いことを確認してください
トップページ
商品詳細結果
一覧ページ
買い物カゴ/申込み開始
コンバージョン
setSiteType m かt かd d “m” モバイルサイト
“t” タブレットに特化して作成されたサイト
“d” デフォルトタイプ。
ユーザの閲覧環境を特定しません。
PCサイトへの実装は“d”を使用します。
トップページ
航空券 /ツアー詳細
一覧ページ
予約開始/申込み開始
コンバージョン
item 半角英数のみ
(ハイフン使用可能)
pid1111 フィードのIDと一致させてください。 航空券 /ツアー詳細
item[id] 半角英数のみ
(ハイフン使用可能)
pid1111 フィードのIDと一致させてください。 予約開始/申込み開始
コンバージョン
item[price] 数字のみ (記号、カンマ不可) 1000 合計の値段ではなく、商品単価を代入して下さい。 予約開始/申込み開始
コンバージョン
item[quantity] 数字のみ (記号、カンマ不可) 3 購入した個数を代入してください。
(3個購入の場合は”3”にします)
予約開始/申込み開始
コンバージョン
trackTransaction 半角英数のみ
(ハイフン使用可能)
tid12345 重複しない値を代入してください コンバージョン
checkin_date YYYY-MM-DD 2017-12-22 トラベル専用タグのみ使用
代入例の通り値をいれてください。一桁の数字は0を入れてください。例:2017-01-01
航空券 /ツアー詳細、一覧ページ、予約開始/申込み開始、コンバージョン
checkout_date YYYY-MM-DD 2017-12-27 トラベル専用タグのみ使用
代入例の通り値をいれてください。一桁の数字は0を入れてください。例:2017-01-01
航空券 /ツアー詳細、一覧ページ、予約開始/申込み開始、コンバージョン
nbra 数字のみ (記号、カンマ不可) 3 トラベル専用タグのみ使用代入例の通り値をいれてください。 航空券 /ツアー詳細、一覧ページ、予約開始/申込み開始、コンバージョン
nbrc 数字のみ (記号、カンマ不可) 3 トラベル専用タグのみ使用代入例の通り値をいれてください。 航空券 /ツアー詳細、一覧ページ、予約開始/申込み開始、コンバージョン
nbrr 数字のみ (記号、カンマ不可)
(記号、カンマ不可)
3 トラベル専用タグのみ使用代入例の通り値をいれてください。 航空券 /ツアー詳細、一覧ページ、予約開始/申込み開始、コンバージョン

トラッカー補足 4- タグにsetEmailを代入する場合

Criteoが提供するクロスデバイス機能を活用するにはトラッカーでサイト訪問者のメールアドレスを収集していただくことが必要です。サイト訪問者のメールアドレスをトラッカーに代入することで、デバイスを跨いでの訪問者の識別が可能となります。メールアドレスを代入する場合は、下記のハッシュ化ルールに基づいたハッシュ化メールアドレスを代入するか、プレーンテキストの状態で代入することができます。もし、プレーンテキストで代入した場合は、タグが実行されCriteoへタグデータが送信される際に自動的にハッシュ化されます。お客様側でメールアドレスをハッシュ化し代入する場合、下記構文内の赤文字で示した箇所を変換し実装してください。また、メールアドレスは全て小文字に変換し、スペースを削除し、UTF8のエンコードでMD5のアルゴリズムでハッシュ化した状態で代入してください。

例1:ハッシュ化したメール値を代入する場合

{event: "setEmail", email: "32312c1b6865d1adf04f79e2b731a49e" }

例2:平文でメールアドレスを代入する場合

{event: "setEmail", email: "taro.criteo@company.jp" }

必要であれば複数のEmailアドレスをタグに返すことができます。

{event: "setEmail", email: ["32312c1b6865d1adf04f79e2b731a49e", "bb69f14743f0399a7d5b3aadb69b8a71"]}

Emailのハッシュ化の方法ついてはこちらのサポートページも合わせて参照ください。

サイトへの実装と導入のご支援

サイトへの実装と導入のご支援について- CRITEOでは次の作業をサポートいたします:

  • ご提供頂いたカタログフィードの取り込み
  • 御社作業にて実装してされたタグの最終確認

実装についてご不明な点がございましたら、担当営業までお問い合わせください